ふるさと納税を利用してお金を思いっきり節約する方法

Pocket

今回紹介するお金を節約・貯める方法は、ふるさと納税を利用してお金を節約する方法です。

ふるさと納税って聞いたことがある人も多いと思いますが、いまいち良く分からなくて利用していない人!

絶対に損をしています。

そんなふるさと納税について簡単にまとめてみました。

ふるさと納税について

ふるさと納税ってご存知でしょうか?

テレビCMなどで聞いたことある人も多いかもしれませんね。

このふるさと納税の制度を上手く利用すると、お金を思いっきり節約することができるんです。

ふるさと納税とは、全国の都道府県の地方自治体に寄付を行うことで、各自治体が用意した特産品が手に入り、しかも税金までも安くなるという制度なんです。

具体的に言うと、寄付金額のうち2000円を超えた金額が、所得税や住民税などから原則として全額が控除される制度です。

ただし年収や家族構成などによって寄付できる上限金額は決められていますが。

例えば、ふるさと納税である自治体に20,000円を寄付して肉(特産品)を貰ったとします。

そうすると、まずは20,000円分の肉(特産品)を貰うことができます。

そして2,000円を超えた18,000円分が税金から全額控除されます。

つまり、実質2,000円の負担で20,000円分のお肉を貰えるという制度なんです。

これは凄いお得ですね。

ふるさと納税を利用するためには、以前は確定申告をしなければなりませんでした。

しかし、今では法改正で面倒な手続きが簡略化され、年間5つまでの自治体なら確定申告が無しで利用できるようになりました。

これで年末調整を気にせずに、サラリーマンでも利用できそうですね。

ふるさと納税でもらえる特産品は地方自治体によって様々。

地方の特産品を始め、最新家電など様々な物が2000円の負担で購入することができます。

詳しくは下記の総務省のホームページをご覧ください。

ふるさと納税について詳しく解説されています。

ふるさと納税を利用している人の口コミ

ふるさと納税を実際に利用している人の口コミを紹介しますね(^^♪

今回は、ふるさと納税を利用してお金を節約する方法について紹介しました。

ふるさと納税の制度を利用して、地方自治体の特産品を購入して、税金を控除してあなたのお金を節約して下さいね♪

 

お金の節約を考えるとき、最も重要なのは毎日かかるお金の出費を減らすことと、収入と支出のバランスをとることです。

この2つをきちんと考えるだけで、月に数千円の節約ではなく、1万円以上の節約は簡単にできるようになります。

ただ毎日の節約といっても、食事の量や質を落としたり、買いたい物を一切買わないなど、健康を害したり、ストレスをためるなど生活の質を下げる節約であってはいけません。

あくまでも毎日節約できて、節約したお金を暮らしを良くするために使えることが重要です。

そこで以下のページでは、具体的にどのような節約を行うべきかを考えるときに、私が実際に試した中で最もおすすめの節約方法を紹介しています。

『1ヶ月1万円以上節約したい』、『単発ではなく毎日かかるお金を節約したい』、『生活の質を落とさずに節約したい』という問題をすぐに解決できます。