医療費を無料にできる制度を利用してお金を節約する方法

Pocket

今回紹介するお金を節約・貯める方法は、医療費を無料にできる制度を利用してお金を節約する方法についてです。

未就学児などに対する医療費が無料になるケースは様々な地方自治体にあるので有名ですが、今回紹介するのは子供だけではなく大人でも医療費が安くなるケースです。

そんな医療費を無料にできる制度を紹介しますね。

医療費を無料にできる制度

国民健康保険に加入している人は、医療機関で健康保険証を提示することで実際にかかる医療費のうち一部負担で済みます。

ほとんどの人は3割負担ですね。

今回紹介するお金を節約する方法は、災害や失業や疾病などで、その一部負担金も支払えない場合に、一部負担金が免除され無料で医療を受けることができる市区町村のサービスです。

制度名は、一部負担金減免制度。

実はこの制度は、あまり公にされていません。

なぜならあまりに公にし過ぎると、国民医療費の高騰の懸念があるかららしいです。

ちなみに一部負担金が減免されるケースは下記の通りです。

一部負担金が減免されるケース
  • 災害
  • 障害
  • 疾病
  • 事業の休廃止
  • 失業
  • 低所得
  • その他

これらのケースに該当する場合、医療費の一部負担金が減免されるケースがあります。

一度、『一部負担金減免制度 ○○(市区町村名)』で検索してみて下さい。

そして、あなたの市区町村のサービスを確認してみて下さい。

一部負担金が減免されるケースに該当すれば、下記の3種類のうちのいずれかのサービスを受けることができます。

一部負担金の減免サービス
  • 免除・・・一定期間、医療機関での一部負担金を支払わなくても良い。
  • 減額・・・一定期間、医療機関での一部負担金の12.5~90%減額される。
  • 徴収猶予・・・一定期間、医療機関での一部負担金の支払いが猶予される。

今回は、医療費を無料にできる制度を利用してお金を節約する方法について紹介しました。

医療費の負担が大変な場合、一度、地方自治体の保険課に相談してみて下さいね♪

ここに紹介していない方法でも医療費が安くなる場合があるかもしれませんよ(^^♪

一部負担金減免制度を利用している人の口コミ

 

お金の節約を考えるとき、最も重要なのは毎日かかるお金の出費を減らすことと、収入と支出のバランスをとることです。

この2つをきちんと考えるだけで、月に数千円の節約ではなく、1万円以上の節約は簡単にできるようになります。

ただ毎日の節約といっても、食事の量や質を落としたり、買いたい物を一切買わないなど、健康を害したり、ストレスをためるなど生活の質を下げる節約であってはいけません。

あくまでも毎日節約できて、節約したお金を暮らしを良くするために使えることが重要です。

そこで以下のページでは、具体的にどのような節約を行うべきかを考えるときに、私が実際に試した中で最もおすすめの節約方法を紹介しています。

『1ヶ月1万円以上節約したい』、『単発ではなく毎日かかるお金を節約したい』、『生活の質を落とさずに節約したい』という問題をすぐに解決できます。