外食チェーンの株主優待の無料食事券でお金を節約する方法

Pocket

今回紹介するお金を節約・貯める方法は、外食チェーンの株主優待の無料食事券でお金を節約する方法です。

外食チェーンの無料食事券

外食の飲食代を少しでも安くしたい!
大手外食チェーンをよく利用する!
株式投資に少し興味がある!

そんなあなたにおすすめなのが大手外食チェーンの株主優待です。

大手外食チェーンは、株主に対して株主優待として無料食事券をプレゼントしているんです。

それも結構な金額の無料食事券なんです。

もし株式投資を少しでも考えているなら、迷わず大手外食チェーンの株を購入すると良いと思います。

その中でも、複数の外食チェーンを傘下にしている企業は特におすすめですね。

1つの銘柄への投資で複数の店舗で使えます。

例えば吉野家ホールディングスでは、最低投資金額219,400円(100株・2019年7月16日時点)で、300円券が年間20枚も貰えるんです。

これを吉野家、はなまるうどんなどの複数の店舗で使えるんです。

これは凄いお得ですね。

株価の変動のリスクはあるものの、定期的に無料で食事ができるのは、それだけで非常に魅力的で、お金の節約になります。

少しまとまったお金があれば、貯金ではなく投資に回してみると、結果的にはお金の節約になるかもしれませんね。

おすすめの大手外食チェーンの株主優待の内容についてまとめておきますね(^^♪

大手外食チェーンの株主優待の内容

吉野家ホールディングス

特長

・最低投資金額
219,400円(100株・2019年7月16日時点)
・優待内容
100株~999株
2月末、8月末の半期毎に10枚の300円サービス券を進呈
1,000株~1,999株
2月末、8月末の半期毎に20枚の300円サービス券を進呈
2,000株以上の株
2月末、8月末の半期毎に40枚の300円サービス券を進呈
・主な対象チェーン
吉野家、はなまるうどん、京樽、千吉 など

ゼンショーホールディングス

特長

・最低投資金額
230,300円(100株・2019年7月16日時点)
・優待内容(年2回)
100株以上300株未満:1,000円分( 500円券×2枚 )
300株以上500株未満:3,000円分( 500円券×6枚 )
500株以上1,000株未満:6,000円分( 500円券×12枚 )
1,000株以上5,000株未満:12,000円分( 500円券×24枚 )
5,000株以上一律:30,000円分( 500円券×60枚 )
・主な対象チェーン
すき家、なか卯、ココス、はま寿司 など

アトム

特長

・最低投資金額
990,00円(100株・2019年7月16日時点)
・優待内容(年2回)
100株~500株未満:2,000ポイント(2,000円分)
500株~1,000株未満:10,000ポイント(10,000円分)
1,000株以上一律:20,000ポイント(20,000円分)
・主な対象チェーン
かっぱ寿司、ステーキ宮、ラ・パウザ など

すかいらーく

特長

・最低投資金額
194,100円(100株・2019年7月16日時点)
・優待内容(年合計)
100株~299株:6,000円
300株~499株:20,000円
500株~999株:33,000円
1,000株~:69,000円
・主な対象チェーン
ガスト、ジョナサン、バーミヤン、夢庵 など

ダスキン

特長

・最低投資金額
298,000円(100株・2019年7月16日時点)
・優待内容(年2回)
3年未満
100株以上:1,000円
300株以上:2,000円
3年以上
100株以上:1,500円
300株以上:2,500円
・主な対象チェーン
ミスタードーナツ、モスバーガー、ザ・どん など

では、株式ってどうやって購入するの?

株式は普通の証券会社でも購入することができますが、手間と手数料が高くつきます。

なので楽天証券などネット証券を使って株式の売買をすると手数料が少なくおすすめですね。

しかも楽天カードを持っている人ならポイントもたまりやすくなるのでさらにお得です。

外食チェーンの株主優待の口コミ

今回は、外食チェーンの株主優待の無料食事券でお金を節約する方法を紹介しました。

大手外食チェーンに少額投資して無料食事券でお金を節約して下さいね(^^♪

 

お金の節約を考えるとき、最も重要なのは毎日かかるお金の出費を減らすことと、収入と支出のバランスをとることです。

この2つをきちんと考えるだけで、月に数千円の節約ではなく、1万円以上の節約は簡単にできるようになります。

ただ毎日の節約といっても、食事の量や質を落としたり、買いたい物を一切買わないなど、健康を害したり、ストレスをためるなど生活の質を下げる節約であってはいけません。

あくまでも毎日節約できて、節約したお金を暮らしを良くするために使えることが重要です。

そこで以下のページでは、具体的にどのような節約を行うべきかを考えるときに、私が実際に試した中で最もおすすめの節約方法を紹介しています。

『1ヶ月1万円以上節約したい』、『単発ではなく毎日かかるお金を節約したい』、『生活の質を落とさずに節約したい』という問題をすぐに解決できます。